ファクタリングはweb完結がおすすめ

利用会社が赤字経営であっても現金を調達することは十分可能

しかし新規融資に対応するのは難しいとの返答です。
融資を通過するには、担保をつけてるか保証人をたててほしいとのこと。
しかし既に過去に事業主保証になっており、身内にも保証人を御願いできる人物を見つけることは出来ません。
めぼしい担保はすでに他の金融機関の抵当権が設定されている状況では、実質上融資の拒否といわざるをえないわけです。
公的金融機関からの新規融資をするには書類をそろえて、審査通過までの日数もかかります。
現在直面しているキャッシュ需要の充足には現実的には役に立たないわけです。
このような状況で金策がつきようと考えていたところ、ファクタリングという現金調達方法があることを知りました。
ファクタリングというのは、売り掛け先に対して保有している売掛金債権を、支払期日までに売却して現金を手にするというものです。
つまり売掛金債権を売買するだけで、新規に借金を重ねるわけではありません。
金融機関からの融資では担保物件の有無だけでなく、融資先の信用状況が厳しく審査されます。
赤字経営であったり税金滞納などの状況では、新規融資を望めるわけでもありません。
当然ファクタリングでも審査はされますが、対象はあくまで取引先の信用状況です。
したがって利用会社が赤字経営であっても現金を調達することは十分可能です。

面談不要!
WEB完結型ファクタリング
資金調達をもっとカンタンに!https://t.co/73DhlhQDsx #ファクタリング #オンライン契約 #非対面 #資金調達 #事業資金 #即日現金 #札幌 #東京 #大阪 #名古屋 #福岡 #大分 #沖縄 #埼玉 #千葉 #宮城 #仙台 #岩手 #群馬 #茨城 #神奈川 #横浜 #面談不要 #即現金 pic.twitter.com/HT1bwhAMut

— ファクタリングならLINE PROFECT Co., Ltd. (@lineprofect) April 5, 2021

地方で中小事業を経営、地元の金融機関との取引も継続してきました利用会社が赤字経営であっても現金を調達することは十分可能うまく活用して事業活動展開にうまく利用できると実感